FC2ブログ

下書き

みなさんブログを書くとき下書きはしますか。パソコンに向かって一気に書き
上げる人もいるかもしれませんね。僕はいつも下書きをします。なぜ下書きを
するのか。じつは僕は誤字脱字が多く、文章をまとめるのも苦手なんです。そ
こで、書き上げた文章を見直し、推敲するために下書きするわけです。そうや
ってブログに上げる記事を作っています。

僕が下書きをするようになったのは、以前勤めていた会社の仕事が関係してい
ます。その会社では22年間ライン作業に従事した後、事務所勤務になりまし
た。そこで担当したのが安全管理。

安全管理は報告書の提出が多い仕事でした。おまけに、直属の上司がとにかく
細かい人で、僕の報告書を全て添削するんです。1回でOKが出るわけもなく、
5回6回は当たり前、10回以上なんてことも。黒っぽかった報告書が真っ赤
になり、内心この野郎と思いながらもせっせっと書き直したものです。

ある日、いい加減うんざりしている僕に上司が言った言葉は、今でもよく覚え
ています。「これでいいと思ったときに、人間の成長は止まる」確かに、その
とおりなんです。そうは言ってもそのときは、あんたはやりすぎなんだよって
思いましたね。下書きして文章を見直す癖がついたのは、この頃です。そんな
ことが1年くらい続き、少しづつ仕事をまかされるようになりました。

彼は人を褒めるなんてことは絶対にしない人で、常になにか細かいことを言っ
てくる嫌な上司でした。その上司が定年で会社を辞めるとき、応接室に呼ばれ
たんです。また小言かな……。しかし、そこで聞いたのは彼の意外な言葉でし
た。「あなたには驚いています」「現場から事務所に来ても、普通は仕事なん
てできないんです」「しかし、あなたは最初から仕事ができた」事務所勤務に
なって4年、はじめて褒められました。

僕は逆に驚き「いつも丁寧な添削をしていただき、ありがとうございました」
と言って応接室を出たことを覚えています。もちろん最初から仕事ができたな
んてことはなく、できるようになるまでしつこく指導してくれる上司がいたと
いうことです。彼は決して僕の仕事には手を出さず、添削という方法で粘り強
く仕事を教えてくれました。これでいいと思ったときに、人間の成長は止まる。
僕がブログを書くとき、いつもあの上司の言葉を思い出します。

虹 水俣 maeshima
スポンサーサイト