FC2ブログ

初恋天国

高校3年の冬、ほとんどの同級生が進路を決めるな
か、僕は決まっていた就職先を断って、宙ぶらりん
な日々を過ごしていました。

いつも頭の中にあったひとつのイメージは、カバン
を下げて満員電車に揺られる自分の姿。そのまま就
職すれば、イメージ通りの毎日だったと思いますが、
そうはなりませんでした。

漠然と何かになろうとは思っていたのですが、何を
していいのか分かりません。たまり場に集まっては、
夜な夜なバイクと車で走りに行きました。

真冬の空気は冷たく、寒いというより痛い感じなん
ですが、そんなこと問題じゃないです。毎日がバカ
みたいに楽しく「先のことなんかどうでもいいや」
って気分でしたね。

先輩の車にもよく乗せてもらい、興味もバイクから
車に変わりかけていたと思います。

舘ひろしが抜けて解散したクールスは、まだ人気が
あり僕もよく聴いていたんですが、先輩の車で流れ
ていたのはクールスではなく、チェリー・ボーイズ。

チェリー・ボーイズはマイナーな人気ながら、当時
の心境にピッタリはまり、ストレートなロックン
ロールは車によく似合いました。

そんな訳で、あの頃いつも車で聴いていたのが、

チェリー・ボーイズ「初恋天国」

クールスより、ちょっと硬派な感じで
かっこよかったです。


虹 水俣 maeshima

スポンサーサイト