FC2ブログ

オペラ座の夜

秋も深まってきましたね。

この季節、なぜか聴きたくなるのが『クイーン』
「ボヘミアン・ラプソディー」なんか気分です。
高校1年の頃、よく聴いていました。

その頃の僕は、受けたくない授業があると保健室の
先生に泣きついて、ベッドで休ませてもらうような
軟弱男子でした。

ある日、例によって保健室のベッドで休んでいると、
となりのベッドで人の気配がします。気になったの
でカーテンを開けてみると、僕好みのって言ったら
誤解されそうですが、美少年がひとり。

話してみると二人は同じ学年。彼もよく保健室で休
んでいるってことで、僕らは意気投合しました。何
度か彼の家に遊びに行き気心もしれてきた頃「今度
泊りに来いよ」って話になったんです。

彼の家へ泊りに行ったのは、冬も近づいたとある夜。
レコードを聴いたり、学校のことを話したりでひと
しきり盛り上がった後、寝ることに。

最初、僕は床で寝ていたんですが、彼が「一緒に寝
よう」って言うんです。別にいいかって感じで彼の
ベッドに入ると「もっと近くに」とか言ってきます。

変なやつだなあ、と思いながらも彼に近づくと「腕
枕をしてやるよ」って、これはもう尋常じゃない。

こいつ、ヤバイやつだ。

事ここに至って、僕は悟りました。逃げるように彼
の家を後にしたのは、言うまでもありません。

帰路に就き、ふと空を見上げると満天の星空が
クイーンの『オペラ座の夜』を連想させます。

透き通った空気は凛として冷たく、何処からか

フレディー・マーキュリーが歌う

ボヘミアン・ラプソディーが

聞こえた気がしました。


虹 水俣 maeshima


スポンサーサイト