FC2ブログ

バビロンシステム 3

お金は銀行で作られる。

分かりやすくするために、話を単純化します。

まず、銀行が1行だけしかない、銀行に預金がないもの
とします。その銀行にAさんが100万円預金したとします。

銀行はAさんに利子を払わなければなりません。そこで、
BさんにAさんに払うより高い利子で貸し付けます。

いま銀行には、Aさんの預金100万円しかありません。

Bさんに90万円貸し出すとすれば、Aさんの預金から90万円
貸し出し、新たにできたBさんの口座に90万円入金される。

結果、Aさんの預金残高が10万円になる。銀行の預金残高
は100万円。めでたし、めでたし。

ん…なんか変ですね。

これでは、Aさんは自分の100万円を自由に引き出せません。

実際にはAさんの口座からお金が減ることはなく、新たに
できたBさんの口座には90万円振り込まれます。

銀行の預金残高は、A100万円+B90万円=190万円。

!!!お金が増えています。

90万円は、どこから来たのでしょう。

90万円は、ただ口座に書き込まれただけ。

つまり、無からお金が生み出されたのです。

これを『信用創造』といいます。

すごいですね、まるで打ち出の小槌です。

つづく

虹 水俣 maeshima

スポンサーサイト