FC2ブログ

矛先が…

トランプ大統領が、凄い勢いで大統領令を出していますね。
その中のひとつである、移民・難民の入国規制が世界中で
批判され、司法闘争になっています。

なぜでしょうか、自国民を守るための、やむを得ない措置だと
思うのですが。オバマ政権で行われた入国規制については、
話題にもなっていません。変な話です。

たしかに難民はかわいそうです。しかし、その難民を作って
きたのは誰でしょうか。いま増えているのは、シリア難民です。

2016年にオバマ前大統領が空爆で使った爆弾の数は2万
6172発、そのうち1万2192発がシリアに落とされたと、米外
交問題評議会のサイトで明らかにされています。

オバマ政権は他国を空爆で破壊し、そこを占拠する過激派に
対しては、なんら有効な対策を取って来ませんでした。

トランプ大統領は、就任演説で「イスラム過激派のテロを地上
から消し去る」と宣言し、入国規制の大統領令を出した次の日
には、ISIS掃討の大統領令を出しています。

シリアのアサド大統領は、トランプ大統領が就任演説で述べた
『テロとの戦い』を実行してほしい、これはシリアだけの問題で
はなく世界の問題だと言っています。

トランプ大統領は、難民を生み出す原因を断とうとしています。
そして、これは前政権の尻拭いです。

難民を作ったのは、トランプではありません。

怒りの矛先が違うのでは…。


虹 水俣 maeshima
スポンサーサイト